成形条件表

ノバロイEの標準成形条件

グレード 予備乾燥 設定条件(℃) スクリュー
回転数 (rpm)
背圧 (MPa) 金型温度 (℃)
ノズル C3 C2 C1
一般
E10(V)、E11、E88
4〜5時間
80〜90℃
210〜220 220〜230 210〜220 180〜200 60〜90 10〜20 40〜70
難燃 E50、E70 4〜5時間
80〜90℃
210〜220 220〜230 210〜220 180〜200 60〜90 10〜20 40〜70
GF強化EG506 4〜5時間
80〜90℃
210〜220 220〜230 210〜220 180〜200 50〜80 10〜20 50〜80

セビアンVの標準成形条件

グレード 予備乾燥 設定条件(℃) スクリュー
回転数 (rpm)
背圧 (MPa) 金型温度 (℃)
ノズル C3 C2 C1
VCF10(C), VCF20(C),
VCF30(C)
4〜5時間
80℃
240〜220 240〜220 220〜210 180〜200 50〜100 0.5〜1.5 50〜70

ダイセルPPの標準成形条件

グレード 予備乾燥 設定条件(℃) スクリュー
回転数 (rpm)
背圧 (MPa) 金型温度 (℃)
ノズル C3 C2 C1
ダイセルPP 
導電グレード
4〜5時間
80〜120℃
180〜230 180〜230 160〜210 140〜190 70〜90 5〜20 40〜60

ノバロイA CF強化グレードの標準成形条件

グレード 予備乾燥 設定条件(℃) スクリュー
回転数 (rpm)
背圧 (MPa) 金型温度 (℃)
ノズル C3 C2 C1
ノバロイA
CF強化グレード
3〜5時間
90〜100℃
240〜260 240〜260 230〜250 180〜210 40〜60 5〜20 70〜90

ノバロイAカーボン繊維(CF)強化グレードは、CF強化ナイロン6とほぼ同様の条件で成形可能です。 もし流動性が低い場合は、シリンダー温度を高めに設定してください。
(上限280℃)また成形品の光沢が不足している場合は、金型温度及びシリンダー温度を高めに設定してください。樹脂温度が280℃以上になると、変色等の恐れがあります。
なお吸湿性がありますので、成形前に必ず下記の条件に従って、乾燥してください。

予備乾燥

ノバロイAにはナイロンが含まれていますので、予備乾燥が必要です。成形前に、熱風循環型乾燥機、または、ホッパードライヤーを使用し、90〜100℃の条件で3〜5時間予備乾燥してください。 なお、90℃及び100℃での乾燥曲線を示します。樹脂中の水分量が多くなると、シルバーが発生するおそれがあります。
予備乾燥

 

本製品には導電性の非常に高いカーボン繊維が含まれているため樹脂の電気抵抗が非常に低くなっておりますので次の点にご注意下さい。
1. 製品ペレットはもとより、若干量含まれる切り粉の飛散による電気回路の短絡には充分お気を付け頂くようお願いします。(特にリレー部分の密閉をご確認下さい。)
2. 熱をかけて溶けた状態でも電気伝導性がありますのでヒーター部分等にむき出しの配線がある成形機のご使用は絶対おやめ下さい。
**当該グレードは、外国為替および外国貿易法に基づく輸出貿易管理令別表第1の5の項目(18)に該当します。