| HOME > NEWS > 長繊維強化熱可塑性樹脂「プラストロン」スーパーエンプラグレードの上市について

NEWS

2016-03-31

各 位

ダイセルポリマー株式会社

長繊維強化熱可塑性樹脂「プラストロン」スーパーエンプラグレードの上市について

ダイセルポリマー株式会社(社長:八木幹夫 本社:東京都港区)は、長繊維強化樹脂「プラストロン」に、ポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)樹脂をベースとしたスーパーエンプラグレードを開発し、ラインナップに追加いたします。

 長繊維強化樹脂は、熱可塑性樹脂の中で最も高い機械強度を有す成形素材であり、当社はポリプロピレン(PP)からエンジニアリングプラスチック(エンプラ)までをベース樹脂として扱う国内唯一のメーカーとして2000年から本格販売を開始しました。これまで自動車、工業、スポーツ、電機など各方面で金属代替材料として採用されてきましたが、近年は更なる耐熱や耐薬品性へのニーズが増えていることから、今回二種類のスーパーエンプラをベースとしたグレードを上市します。

PPS樹脂は、耐熱性や耐薬品性に優れ難燃性も兼ね備える代表的なスーパーエンプラですが、これを長繊維強化することにより従来の短繊維強化での弱点である衝撃性などの機械強度や耐久性を大きく向上させ、金属代替の可能性を拡げます。また、耐圧性や耐薬品性が求められる水道配管、建材などの分野や、耐油性や難燃性が求められる分野などを中心に用途拡大が期待されます。

PEEK樹脂は、市販樹脂の中で最も耐熱性が高く耐薬品性や摺動性に優れますが、これを長繊維樹脂化して機械強度を向上させることで自動車のエンジン内部や駆動系部品、航空機部品などでの成長が見込まれます。

また、自社開発技術であるレーザーによる金属/樹脂接合技術「DLAMP(ディーランプ)との併用で、これまで樹脂単体ではなし得なかった金属部品の樹脂化領域が拡がり、今後用途開発を加速してまいります。

 新規開発グレードのベース樹脂は、PPSがポリプラスチックス株式会社、PEEKがダイセル・エボニック株式会社であり、今後もダイセルグループの力を結集して、お客様に最良のソリューションを提供できるよう努めてまいります。

本開発品は、4月6日~8日 東京ビッグサイトにて開催される高機能プラスチック展への出展も予定しております。


以 上

<本件に関するお問い合わせ先>

ダイセルポリマー株式会社

営業部 柴田 悟

電話:03-6711-8401

敬具

特殊品